遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

田園調布H邸 -桜並木沿いの3階建て立体コートハウス- <前のページ 次のページ>

田園調布H邸 <前のページ 次のページ>
桜並木沿いの3階建て立体コートハウス- 

勾配天井と三角の窓

ダイニング全景

ダイニングと一体のアイランドキッチン

十和田石の浴槽

玄関より中庭を望む

玄関前の植栽とガレージ

2階ルーフテラスより見返す

北側外観全景

前面道路の桜並木を望む家」というリクエストをいただきました。眺望のみならず、この北側道路は高度斜線の高さ制限の緩和にも一役買い、第一種低層住居専用地域でも何とか3階建てを可能にします。また、南側、東側は隣戸が迫り、西側も今はコインパーキングですが将来は建物が建つかもしれず、北側以外はプライバシーを確保する中で、如何にして明るく開放的な住まいを立体的に組み立てるか、というスキームでした。
まずは階の構成として、1階はガレージと在来工法のご指定のある浴室(十和田石で床、壁、浴槽まで制作しています)など、2階はオープンでワンルームのLDK、3階は方位がやや触れているため高度斜線の影響を受け、 他階の床面積の半分ほどの寝室などとなります。プライバシーの観点から建築で囲われた庭に対して開く関係のコートハウスをイメージしましたが、建築のボリュームとしてはかなり縦長になることもあり、中庭を南に置きその周囲は、約2層分の高い塀を設置することにしました。2階、3階の北側は桜を望む大きな窓、高度斜線で削られる部分は急勾配の屋根、勾配なりの 吹抜け 木天井(チーク材の凹凸張り)として、2階のLDKのいずれの場所からも愛でることができる計画です。
完成し、現在設計中のお施主様、何人かに見学いただいた際など、「外から見ると、北側以外ほとんど窓が無い家?と思ったけど、中に入ると驚くほど明るい」 という感想をいただきました。中庭周囲の壁や塀の色(ジョリパット、割肌)を建物外周の色よりも少し明度を上げて、反射の効果を高めている裏技?なども活きているかもしれません。
 
 

 
計画概要
主要用途 個人住宅
家族構成 夫婦
設計 建築 遠藤誠建築設計事務所
構造 野村基建築構造設計
施工 近藤工務店>
撮影 石田篤>
敷地面積 165㎡(50坪)
建築面積  80㎡(24坪)
延床面積 184㎡(55坪)
構造 木造軸組構造
階数 地上3階
設計期間 2020.09~2021.05
施工期間 2021.06~2022.02
 
<前のページ 次のページ>