遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

瀬戸内芸術祭 <前のページ 次のページ>

豊島美術館 隣の丘から見た外観

犬島精練所美術館 かつて使われていた煙突がそびえる

犬島精練所美術館 精錬所の廃材も建築に利用

瀬戸内芸術祭 小豆島の光/ワン・ウエンチー

瀬戸内芸術祭 A邸/リフレクトゥの前を歩く私

2013年3月31日~4月02日

豊島美術館> 2010 豊島 西沢立衛】
いや~面白いですね!内容の詳しい説明は別のメディアに譲りますが、建築とアートのコラボレーションでここまでのことができるとは!という感想。建築としてもアートとしてもこれまでに全くなかったジャンルとも言えるのではないでしょうか。わざわざ遠くからでも行ってみる価値あり!です。先日、建築家の谷尻誠さんとお話する機会があったのですが、かなり面白い建築に挑戦している谷尻さんでも、この豊島美術館にはちょっと嫉妬しているみたいです。

犬島精錬所美術館> 2008 犬島 三分一博志】
豊島美術館からフェーリーでちょっとという距離にある犬島にある精錬所跡地の美術館。瀬戸内海のそれぞれ小さな島にあるふたつの美術館ですが、2011、2012と立て続けに日本建築学会賞を受賞しています。精錬所跡地のコンバージョンということを差し引いても、これも非常に面白い…。特に鏡を使ったトリックインスタレーション?は興味深い体験でした。

他にも芸術祭のアート作品をいくつか拝見しました。まぁ見てないものもたくさんあるので、あんまり瀬戸内芸術祭全体を総括することはできませんが、やっぱり上記建築2作品に比べるとちょっと…という感じでしょうか。でも旅行がてら、上手い物を食いに行きがてらということであればお勧めです。夏も秋も瀬戸内芸術祭は行われますのでご興味のある人は是非!
 
<前のページ 次のページ>