遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

和泉I邸 -キッチンの平行配置により抜け感を強調- <前のページ 次のページ>

和泉I邸 <前のページ 次のページ>
-キッチンの平行配置により抜け感を強調-

階段下の半アーチ腰にダイニングをみる

ダイニングからキッチンを望む

キッチンからダイニングをみる

重厚感のあるオーダーキッチン

廊下突き当りから見えるキッチン

これまでにも何度かリフォームをされているRC造のお住いでしたが、家族が集うキッチン廻りを中心に、より快適な住環境にしたい!というご要望。その他にも洗面脱衣室、玄関のキャノピーなどの改修の依頼を受けました。
当初は対面キッチンにする検討をしましたが動線計画がうまくいかず、また更に気持ちのよい場所とするためには、光と風を多く取り込む「抜け感」が必要と考え、センターキッチンとして、通路など含め南北に並行に並べる構成としました。もうひとつ重要だったのはダイニングとリビングの関係で、その間は簾を挟み込んだ框の引戸とし、間口を大きくとってそこと絡む階段下を半アーチとしました。結果としてこの漆喰仕上げの曲面がアクセントとなり、空間に柔らかさを与えることにもつながったと思います。
建て主からはリビングからつながる庭についても手を入れたいとのお話もいただいております。こうしてお住まいを徐々に、より気持ちの良いものに変化させていくことをお手伝いできるのも、うれしいものですね!
 


 
計画概要
所在地 杉並区和泉
主要用途 個人住宅
家族構成 夫婦+子供1人
設計 建築 遠藤誠建築設計事務所
施工 リトラス 清水芳徳
キッチン:リネアタラーラ>
撮影 遠藤誠建築設計事務所
改修部分面積 53㎡(16坪)
構造 RC造ラーメン構造
階数 地上2階の内1階部分
設計期間 2016.12~2017.02
施工期間 2017.03~2017.04
 
<前のページ 次のページ>