遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

若林M邸 既存樹木を活かした3つの中庭を配する棲家- <前のページ 次のページ>

若林M邸 <前のページ 次のページ>
既存樹木を活かした3つの中庭を配する棲家

中庭2からリビングをみる

リビング全景

イナズマ階段と中庭2

浮き押入や地窓を配した和室

既存の松と中庭1からリビングをみる

年配のご夫婦のための住宅です。
古屋が建つ敷地に初めて訪れた際、世田谷の一等地であるにも関わらず緑が豊かな、まるでお屋敷のような佇まいに驚かされました。敷地の大きさに対してご要望の建坪はゆとりのある計画であったため、いかにこの既存樹木や場の持つ雰囲気を継承しながら、落ち着いた棲家をつくることができるのかを考えました。
結果的に既存樹木の松のあいだを縫うように建物を配置し、それぞれに特色のある3 つの庭をもつコートハウスに。また、素材的にも年月を重ねるほどに味わいの増すような自然素材を積極的に取り入れました。移動するたびに庭との係わり方が変化し、さまざまな場所に「ほっ」とできる居場所のある住宅となっています。
私は普段から「そこに在るべくして在るような建築」を目指して設計したいと思っていますが、それがこれまでの設計した中でも最も色濃く反映できた住宅になったのではないでしょうか。
 

 
計画概要
所在地 世田谷区若林
主要用途 個人住宅
家族構成 夫婦
設計 建築 遠藤誠建築設計事務所
   構造 野村基建築構造設計
施工 カオル工務店>
撮影 遠藤誠建築設計事務所
敷地面積 353㎡(107坪)
建築面積 86㎡(26坪)
延床面積 125㎡(38坪)
構造 木造軸組構法
階数 地上2階
設計期間 2012.12~2013.04
施工期間 2013.05~2013.12
 
<前のページ 次のページ>