遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO ARCHITECTS

MAKOTO ENDO ARCHITECTS

設計理念

「そこに在るべくして在るような建築」 を目指して設計したいと思っています。
近年の建築雑誌を賑わすような作品の傾向 (
他よりも抜きん出ることに主眼が置かれ、奇をてらうことを意識しているような・・・)に対しての不信感から、最近そんな風に思うようになりました。在るべくして在る姿=必然たるデザインとは、一見地味で目にとまりにくいものかもしれません。その割に追求し極めるためには多大な時間を要する、効率の悪いものとも思われるでしょう。しかしそういう姿勢から、時代の流れに迎合しない、深く、長く愛されるデザインは生まれると考えています。
建築にはまず使う人がいて、敷地があり、それをとり巻く自然環境、社会環境、経済環境などさまざまな条件があります。そこに在るべき建築の姿とは?それは建築家の頭の中にあるのではなく、すでに存在している。設計という作業はそれを探し出すことであると考えています。


業務内容

遠藤誠建築設計事務所は、東京都杉並区の荻窪にある建築設計事務所です。戸建の住宅を中心に各種用途や規模の建築計画に対し、新築・リノベーション等を問わず設計いたします。ご興味がございましたらメニューよりご興味のあるページをご覧下さい。その上でご相談ごとなどがありましたら、「CONTACT」 よりお気軽にご連絡下さい。最初のアポイントでいきなり費用を請求することはありませんのでご心配なく・・・。


最新情報

2017.07.22
オゾンの特別セミナーに講師として参加します。タイトルは「家づくりのレシピ公開!大人時間を過ごす家」ご興味のある方は「こちら」から是非お申込みください!
 
2017.08  8/31~9/6「中央線ケンチク会」第9回イベント@キラリナ吉祥寺に参加!
2017.06  雑誌「モダンリビングvol.233」「浜田山の家」が掲載されしました
2017.05  書籍「大人スタイルのインテリア」「深沢S邸」が掲載されしました
2017.04  Worksページに竣工した「和泉I邸」の写真アップしました
2017.03  雑誌「BY THE SEA vol.3」「元石川M邸」が掲載されしました
2017.01  Worksページに竣工した「保谷O邸」の写真アップしました
2017.01  雑誌「LiVES91」「西が岡I邸」が掲載されしました
2016.12  Worksページに竣工した「本天沼S邸」の写真アップしました
2016.11  Worksページに竣工した「青葉台KM邸」の写真アップしました
2016.10  Worksページに竣工した「浜田山の家」の写真アップしました
2016.10  Worksページに竣工した「西が岡I邸」の写真アップしました
2016.09  Worksページに竣工した「箱根板橋S邸」の写真アップしました


よくある質問

遠藤事務所のデザイン特徴は?

長く深く愛される、地に足の着いたデザインを目指しています。その人、土地にとってベストな家をその都度一から計画するので、一貫するようなスタイルはありません。

他事務所と比較しメリットは?

「建築家の先生」タイプではありませんので、親しみやすく、柔軟に対応することだと思います。また、設計料は比較的リーズナブルな設定をしてると思います。

設計監理料はどのくらい?

新築の場合床面積1坪当たり10万円かつ工事費の10%以上とし最低200万、リノベーションは1坪当たり5万円かつ工事費の10%以上とし最低100万が目安です。この割合は規模、構造、条件等により左右されますが、契約の前には必ず金額を提示します。この設計料には構造設計や確認申請業務なども含まれます。

建設費の坪単価はどのくらい?

木造2階建ての新築、標準的条件の場合、延床面積坪当たり90万円を目安とします。鉄骨造の場合120万円/坪、鉄筋コンクリート造の場合140万円/坪が相場となります。戸建やマンションのリノベーションの場合50万円/坪が目安です。

設計・工事期間はどのくらい?

木造2階建て新築の標準的条件の場合、設計期間は6ヶ月、工事期間は6ヶ月程度ですが、方針を早く決定していただけるのであれば設計期間を若干短縮することは可能です。

土地探しの相談もできる?

はい。土地と建物のコスト配分、その土地に建ち得る建築ボリュームの想定など、土地選びに関してアドバイスできることは多いと思います。原則無料で対応いたします。また、建築家の設計する住宅を熟知した不動産屋さんをご紹介することもできます。

建替えorリノベーションの相談もできる?

この二者択一でお悩みのケースも多いのではないでしょうか?実際にお宅を見させていただき、ご要望や予算もお聞きした上でアドバイスさせていただくことは可能です。その後どちらになるにせよ、設計をご依頼頂く可能性がある場合には、原則無償で対応します。

どのタイミングで相談するべき?

通常は予算を含めた具体的な諸条件がクリアになった時点でお話を伺うケースが多いですが、上記したような土地探し、建替えorリノベといった問題は判断が難しいと思うので、早めにお声掛けいただいた方がよろしいかと思います。まずはお気軽に「コンタクト」からご連絡いただければと思います。

契約前にプランを描いてもらうことはできる?

ある程度条件が固まっている場合は、テストプランを1回5万円で作成いたします。その後設計監理契約が成立した場合はテストプラン費用は返金します。

よい施工会社の紹介はできる?

東京、神奈川を中心としていくつかお勧めしたい施工会社はあります。また、色々な建築家の会等に参加している関係で、信頼できる同業知人が紹介をしてくれたりすることも多いので、ご希望には十分答えられると思います。

家具やカーテンの相談もできる?

通常、照明やエアコン、植栽を含めた外構工事などは契約内容に含めた計画としておりますが、家具やカーテン類などは別途扱いとしています。ただし、これらの提案やメーカー紹介はもちろん可能ですし、実際、住宅の完成前にこうしたご相談を頂き、一緒にショールームなどを巡り選定するケースが多いです。

建築完成後のアフタフォローは?

通常施工会社と共に1年検査を行い、万が一問題が生じている場合には状況に応じた対処を施します。また定期検査に限らずとも、ご連絡いただければ内容により随時対応しますし、より長いスパンでは増改築の相談に乗ることなども多いです。いずれにせよ建物完成後も長いお付き合いさせていただいております。