遠藤誠建築設計事務所 MAKOTO ENDO ARCHITECTS

遠藤誠建築設計事務所
MAKOTO ENDO
ARCHITECTS

吉祥寺M邸2 -住まいを活性化、和室などのリノベーション <前のページ 次のページ>

吉祥寺M邸2 <前のページ 次のページ>
-住まいを活性化、和室などのリノベーション

リビングから和室入口を望む

板間の和室全景

和室から見るアーチの出入口

和室の床の間廻り

大型ユニットバス

2年ほど前に、キッチンからLD廻りの改修をした吉祥寺M邸>、今回は利用頻度が低い和室や2階の浴室などを見直したいということで、引き続いての改修設計ご依頼をいただきました。
まず和室の設えについて、障子や床の間などの要素は残しつつ、床を板間に、壁は真壁から漆喰塗りの大壁に変えて和モダンなテイストへと変化させています。また、和室とリビングとの間のRC壁を一部ぶち抜いての出入口を設けることで、回遊プランとして空間利用の活性を図りました。そして、この出入口の形状をアーチ型とすることが、今回の改修設計の意匠上の最大のポイントとなりました。アーチは一見和風との相性が悪いように思われるかもしれませんが、茶室などでも多くみられる出入口形状(火灯口)で、和室のみならずリビング空間も雰囲気を一気に愛らしいものに変化させる力があるように感じました。
その他、2階水廻りや、お母様の部屋の一部などの改修も行っています。特に浴室は元々非常に大きなスペースがありましたので(在来浴室)、これまでの当事務所の設計では最大サイズのユニットバス(1624)をそのスペースにビルトインしました。
 


 
計画概要
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南町
主要用途 個人住宅
家族構成 親+夫婦
設計 建築 遠藤誠建築設計事務所
施工 リトラス 清水芳徳
撮影 遠藤誠建築設計事務所
改修部分面積 30㎡(9坪)
構造 RC造壁式構造 一部木造
階数 地上2階の内1階2階一部分
設計期間 2019.06~2019.08
施工期間 2019.09~2019.10
 
<前のページ 次のページ>